商品購入に付随する送料・税金算出システムの導入

商品購入に付随する送料・税金算出システムの導入をご案内します。

機能一覧表

  • 商品購入に付随する送料の算出システム
  • 決済
  • 商品購入に関連する税金算出するシステム

システム構成図

上記の算出システムを連携し、自動的に算出するシステムを構築する。。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  400,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 140,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。

機能拡張・商品のお問い合わせ・商品単品購入システムの導入

機能拡張・商品のお問い合わせ・商品単品購入システムの導入をご案内します。

機能一覧表

  • 商品ごとのお問い合わせ機能
  • 商品単品購入システム
  • 年齢確認ボタン機能

システム構成図

お問い合わせシステムをより拡張して、サービスを向上させる。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  100,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 24,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。

会員機能の導入

会員機能の導入について機能を説明する情報をご案内します。

機能一覧表

  • パスワード付き会員ページ作成
  • 通常価格販売と、会員価格での販売設定

システム構成図

CMSシステムが提供する認証を使用してログインさせる。この認証で会員管理をおこなう。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  170,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 15,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。

テレワークのための決済情報送受信システムの導入、非対面式テキスト決済システムの導入

テレワークのための決済情報送受信システムの導入、非対面式テキスト決済システムの導入について機能を説明する情報をご案内します。

機能一覧表

  • テレワークによる決済情報送受信システム
  • インターネットを経由する為、クレジット情報を暗号化、テキスト化にして送受信を行う
  • Web サーバにはカード情報を記録させないようにする
  • 決済サーバシステムは他社からの提供のシステムを使用する

システム構成図

インターネットを経由する為、クレジット情報を暗号化、テキスト化にして送受信を行う。
Web サーバにはカード情報を記録させないようにする。
尚、決済サーバシステムは他社からの提供のシステムを使用する。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  160,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 130,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。

セキュリティーシステムの導入に関する「機能説明資料」

セキュリティーシステムの導入に関する「機能説明資料」について機能を説明する情報をご案内します。

機能一覧表

  • ホストシステムへのアクセスのセキュリティ強化
  • 改ざん検知ソフト導入
  • サーバへの死活監視
  • 顧客データベース閲覧用パスワード管理
  • アクセスする端末の限定
  • 顧客管理システムへの限定
  • ユーザでの操作ログを記録
  • バックアップシステム
  • 暗号化システムの導入

システム構成図

 

 

顧客データのセキュア環境を維持する。
不正アクセスの防止と検知。
DOS 攻撃などが発生した場合の早い復帰作業。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  115,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 89,000 円

※価格には消費税が含まれておりません。

決済の導入の概要

決済の導入の概要について以下の通り説明します。

機能

  • 1. セキュリティ強化
    セキュアな通信を確保するため、通信の暗号化を強化する。TLSのバージョンをアップし、セキュアな通信を確保します。最も強度の高い暗号方式である鍵長(2048bit)を使用します。
  • 2. 決済機能の導入
    書籍販売などの商品販売で単発のクレジット決済機能を実装します。3. サーバへの死活監視
    コンテンツモニタリングシステムを導入し、ポートではなくコンテンツが停止しているかを検知します。
  • 3. 定期決済機能の導入
    学会費の1年毎のクレジットカードの自動決済システムを実装します。
  • 4. 登録クレジットカードの変更機能の導入
    クレジットカードには有効期限があり、定期決済機能を実装した場合、クレジットカードの変更する機能が必要になります。その為の機能を実装します

導入によるその効果

  • セキュリティーを向上することができます。
  • 非対面型のビジネスを導入することができるようになります。

テレワークのためのホストシステムへのアクセ ス・顧客データ閲覧・管理システムの導入に関する「機能説明資料」

テレワークのためのホストシステムへのアクセス・顧客データ閲覧・管理システムの導入について機能を説明する情報をご案内します。

機能一覧表

  • 外部からデータベースへアクセスができるシステムの構築
  • 顧客データの編集、更新作業を外部より行えるシステムを構築する
  • 顧客データの外部からの更新
  • データベースのセキュリティ強化
  • テレワーカーの作業のログを全て記録する

システム構成図

 

Apacheサーバ内のSMSシステムに管理画面・資格・単位システム(プラグイン)をインストールする。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  300,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 合計140,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。

ECサイトについて

弊社ではECサイトを100件以上納品してきているが、
実際にの残存しているサイトを確認してみるとがっかりした。

10件程度しか残っていないのだ。

あまりの競争の激しさを実感した…
いや、それよりは今後は後々までに残るようなECサイトを構築すべきかと思った。

書籍販売の申込・決済システムに関する「機能説明資料」

書籍販売の申込・決済システムについて機能を説明する情報をご案内します。

機能一覧表

  • 管理系、ユーザ系機能:
  • 書籍の商品登録:
  • 書籍のカテゴリ管理機能:
  • 書籍一覧の表示機能:
  • 商品に対するフリーワード検索機能:
  • クレジットカード、コンビニ決済機能:
  • マイページでの購入履歴管理機能:
  • 書籍の売り上げ管理機能:
  • 配送手続きのステータス管理機能:

システム構成図

Apacheサーバ内のSMSシステムに書籍販売システム(プラグイン)をインストールする。
決済に関しては、他社が提供するシステムを使用し、カード情報を保持しないで、トークン形式の決済を行う。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  150,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 136,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。

アウトソーシングの現状と課題

インターネットはもちろん、BPR(Business Process Re-engineering )やSCM(Supply Chain Management)、CRM(Customer Relation-ship Management)などの経営手法が広まるにつれ、情報システム部門の重要度が一層増してきました。

 IT化が全社的に進んだ結果、扱う情報量が膨大になり、情報処理のためのノウハウが必要になりました。そこで、それらの処理を得意とするベンダーなどへのアウトソーシングが加速しています。企業が自社の情報システム部門の負担を減らせるだけでなく、より高度なIT戦略を遂行できるようになるからです。

 ここまでアウトソーシングが一気に広がった背景には、ITインフラが非常に複雑になってきたことが挙げられます。たとえば、以前なら専用線を使いデータを送受信していたところを、ここ10年足らずで急速に普及したインターネットを活用し、高いレベルのセキュリティを保持しながら気軽にやりとりしたいというニーズがあります。また、インターネット自体を企業戦略に取り込む企業も増えています。

 そこで不安定要素で構成されているインターネットに、安全性と信頼性、高度な処理能力が求められるようになりました。もちろん、その開発に携わることができるのは、高い技術力を持ち合わせるエンジニアたちだけです。当初、質の高いエンジニアの確保にどの企業も躍起になりましたが、次第にエンジニアを自社で抱えるよりも、外部へ委託し協業していく方が効率的だという認識に変わってきました。また、技術者の人材育成の難しさもあり、この状況に拍車をかけています。

 アウトソーシングを戦略的に行うため、ベンダーなどと一緒に情報系子会社を設立し、IT全般の管理・運営にあたる手法が幅広く受け入れられてきています。以前の「外注」とは違い、商品やシステムが納入されたら終わる関係ではなく、外部の経営資源を自社内に取り込んでいこうという考えがここにはあります。以前の「外注先」が、今や欠かすことができないパートナーとして経営に携わっていく、といえば分かりやすいでしょうか。

 フルアウトソーシングでは、どこまでがその企業にとって必要なことなのか、そしてどの程度まで技術や人材を投入する必要があるのかなどを、あらかじめ決めておかなければなりません。まだ企業のIT化が本格化してから10年足らずですから、料金体系やその根拠が不明確な点も残っています。導入コストよりも、運用コストが意外とかかることも、念頭に置いておかなければなりません。したがってベンダーをいかにうまく使いこなし、また、いかにベンダーと協調して経営のシステム化を進めていくかがとても重要です。