テレワークのための決済情報送受信システムの導入、非対面式テキスト決済システムの導入

テレワークのための決済情報送受信システムの導入、非対面式テキスト決済システムの導入について機能を説明する情報をご案内します。

機能一覧表

  • テレワークによる決済情報送受信システム
  • インターネットを経由する為、クレジット情報を暗号化、テキスト化にして送受信を行う
  • Web サーバにはカード情報を記録させないようにする
  • 決済サーバシステムは他社からの提供のシステムを使用する

システム構成図

インターネットを経由する為、クレジット情報を暗号化、テキスト化にして送受信を行う。
Web サーバにはカード情報を記録させないようにする。
尚、決済サーバシステムは他社からの提供のシステムを使用する。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  160,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 130,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。

決済の導入の概要

決済の導入の概要について以下の通り説明します。

機能

  • 1. セキュリティ強化
    セキュアな通信を確保するため、通信の暗号化を強化する。TLSのバージョンをアップし、セキュアな通信を確保します。最も強度の高い暗号方式である鍵長(2048bit)を使用します。
  • 2. 決済機能の導入
    書籍販売などの商品販売で単発のクレジット決済機能を実装します。3. サーバへの死活監視
    コンテンツモニタリングシステムを導入し、ポートではなくコンテンツが停止しているかを検知します。
  • 3. 定期決済機能の導入
    学会費の1年毎のクレジットカードの自動決済システムを実装します。
  • 4. 登録クレジットカードの変更機能の導入
    クレジットカードには有効期限があり、定期決済機能を実装した場合、クレジットカードの変更する機能が必要になります。その為の機能を実装します

導入によるその効果

  • セキュリティーを向上することができます。
  • 非対面型のビジネスを導入することができるようになります。

テレワークのためのホストシステムへのアクセ ス・顧客データ閲覧・管理システムの導入に関する「機能説明資料」

テレワークのためのホストシステムへのアクセス・顧客データ閲覧・管理システムの導入について機能を説明する情報をご案内します。

機能一覧表

  • 外部からデータベースへアクセスができるシステムの構築
  • 顧客データの編集、更新作業を外部より行えるシステムを構築する
  • 顧客データの外部からの更新
  • データベースのセキュリティ強化
  • テレワーカーの作業のログを全て記録する

システム構成図

 

Apacheサーバ内のSMSシステムに管理画面・資格・単位システム(プラグイン)をインストールする。

価格表

  • ソフトウェアの標準価格  300,000円
  • ソフトウェアの最小販売価格 合計140,000円

※価格には消費税が含まれておりません。
※プラグインファイルでの提供となります。